テールライト 07-08 Dodge Ram 1500 St Headlights Roof Cargo Lamp Darkest Smoke Taillights LED 07-08ダッジラム1500セントヘッドライト屋根貨物ランプ暗い煙テールライトLED
今、見直したい食習慣5つ

若さと美しさのためには、細胞にいい栄養を与えることが大切。
「えっ、そんな難しいことできるの!?」と思いますが、実は毎日の食習慣こそが、細胞を若返らせるか早く老化させるかの別れ道なのです。
そこで簡単にスタートできる、細胞から若返る食べ方についてご紹介します。

食習慣で細胞が若返る!

「あなたの体はあなたが食べた物でできている」という言葉、ご存知ですよね? インスタント食品、お菓子、添加物まみれの加工食品、いつ誰がどんな素材で作ったかわからない食べ物…そんなものを原料にしてあなたの細胞ができ上がっているとしたら、その細胞は健康ではない可能性が高いですし、美容面でも健康面でも問題が生じ、早く老化が始まっているかもしれません。だから「マイナス5歳若く、10歳若く見られたい」…と思ったら、まず見直してほしいのが食習慣。「いつまでも若々しく輝いているね!」と言われるようになる、今すぐ試して欲しい5つの食習慣を紹介します。

[12本セット] メッツォ・ベルジュラック・ルージュ (シャトー・デ・ゼサール) Mezzo Bergerac Rouge (Chateau des Eyssards) 赤/フランス/ベルジュラック/750ml [現行ヴィンテージ] 赤ワイン

日本には四季があり、季節ごとに旬を迎える野菜や果物、魚介類などがたくさんあります。旬の野菜は一般的に新鮮で栄養価が高く、ビタミンやミネラル、ポリフェノールなど、抗酸化作用を持つ栄養成分が豊富に含まれています。それらを食べることで、栄養が体の汚れやサビを防ぐ抗酸化作用として働きます。魚も旬のものを選ぶと、DHAやEPAなどの、脳や目の健康を維持し、血液をキレイにする脂(脂質)を効率よく摂ることができます。したがって旬の食材こそがアンチエイジングな食事にピッタリですから、ぜひ季節ごとに楽しみながら旬の食材を食べましょう。

その2.ドレッシングは自作で!

調味料もシンプルにしましょう。市販のドレッシングなどの調味料には意外にたくさんの油や塩、砂糖、添加物などが使用されていることが多く、知らないうちに摂りすぎてしまいます。こだわりの塩、しょうゆ、酢、こしょう、オリーブオイル、亜麻仁オイル、ごま油などでドレッシングを作ったり、食べる前に調合して味付けしましょう。減塩したい場合は、レモンをぜひ塩代わりに使ってください。

その3.ハーブや薬味をたっぷり食べよう!

香りにこだわってください。食べ物に香り付けや味のアクセントを出すためには、ハーブと薬味をたっぷり使うこと。ネギ、生姜、大葉、ニンニクなどは一年中スーパーなどで手に入りますし、山椒、ミョウガなど、季節ものの薬味を楽しむのもいいですね。ハーブはできれば生のもの、パセリ、バジル、ミントなどは手に入りやすいので、ぜひ香りづけに使ってください。実は、これらの薬味やハーブの香り、色、味の成分にはフィトケミカルという免疫機能を整えて病気になりにくい体を作り、抗酸化力を高めて若さを維持する働きがあります。日焼けが気になる季節や肌の乾燥が気になるとき、また寝不足が続いて肌コンディションがイマイチだと感じたときには、ぜひハーブと薬味をいつもの2~3倍とたっぷり使って、細胞から元気になるように栄養をチャージしましょう。

[12本セット] メッツォ・ベルジュラック・ルージュ (シャトー・デ・ゼサール) Mezzo Bergerac Rouge (Chateau des Eyssards) 赤/フランス/ベルジュラック/750ml [現行ヴィンテージ] 赤ワイン

腸をキレイにする「乳酸菌」と「食物繊維」を摂ってください。どんな健康的な食事にこだわっても、快便、快腸で、腸がキレイでなければ、栄養を上手に吸収できません。腸が汚れていると腸内にガスが発生してお腹が膨らんで気持ちが悪くなったり、食べ物が腸の中で変質して有害物質を作り出し、体調不良や肌トラブルを引き起こす可能性もあります。

【メーカー在庫あり】 (株)岩田製作所 IWATA 円錐プラグF (200個入) GKR01512 JP店

さらに食物繊維は、腸のそうじをする働きと、乳酸菌のエサになる働きがあるので、ぜひ食べて欲しい食材です。ワカメ、もずく、メカブ、昆布、こんにゃくなど、低カロリーですぐ手に入るものばかりなので、ぜひ毎日食べましょう。

テールライト 02-05 Ram 1500 Raven Black Headlights LED Tail Lights Trim Fog Chrome 3rd Brake 02-05 Ram 1500 Raven BlackヘッドライトLEDテールライトTrim Fog Chrome 3rd Brake

「フルーツ」を食べること。日本人は欧米先進国の中で最もフルーツを食べない国民だって知っていましたか? 最近では、フルーツが太る、血糖値を上げる、糖化に関係して肌に良くない…などという情報も流れていますが、そこが気になるのであれば、フルーツよりもスイーツを食べるのをやめた方が良いでしょう。フルーツには糖分だけでなく、食物繊維やビタミン、ミネラル、ポリフェノールなどの抗酸化物質も豊富で、低カロリーです。ぜひお菓子やケーキなどのスイーツの代わりにフルーツを食べるようにしましょう。

玄関ドア C19型 プレナスX 片開き・親子ドア・片袖・両袖・親子入隅【新築・取替え・リフォーム】【玄関扉】【出入り口】【トステム・LIXIL・リクシル】

毎日こんなにまじめな食生活を続けられない!と思った人、それが当然だと思います!週に1~2回は、羽目を外してジャンクフードを食べてしまったり、お酒を飲んでしまうのも仕方がありません。その場合は、翌日にしっかりとリセットするために、水をたっぷり飲んで汗をかいたり快便を心がけたりすることで、体に悪いものは早めに体の外に出し、アンチエイジングな食習慣を守って体に良いものを食べるように気持ちを入れ替えてみてくださいね。

LPC3K17K エプソン EPSON [感光体ユニット ブラック用]

関連コンテンツもチェック!

お友達にシェア

専門家

ヘッドライト 2004-2008 Ford F150 CCFL Halo Projector Headlight+Full LED Tail Brake Lamp Light 2004-2008 Ford F150 CCFL Haloプロジェクターヘッドライト+フルLEDテールブレーキランプライト

東京医科歯科大学非常勤講師、京都府立医科大学特任教授

医学・医療情報を正確にわかりやすく人々に伝え、患者さんと医師・医療スタッフの良好な関係を育む「医療コミュニケーション」が専門。海外アンチエイジング情報の翻訳、取材も行う。ジャーナリスト、ヨガ・書道講師、料理講師、メノポーズカウンセラー。

[12本セット] メッツォ・ベルジュラック・ルージュ (シャトー・デ・ゼサール) Mezzo Bergerac Rouge (Chateau des Eyssards) 赤/フランス/ベルジュラック/750ml [現行ヴィンテージ] 赤ワイン
[12本セット] メッツォ・ベルジュラック・ルージュ (シャトー・デ・ゼサール) Mezzo Bergerac Rouge (Chateau des Eyssards) 赤/フランス/ベルジュラック/750ml [現行ヴィンテージ] 赤ワイン
swrin-FB276-12-893
13,728円 17,160円


Chateau des Eyssards シャトー・デ・ゼサール
 Mezzo (メッツォ)とは、音楽用語で「やや」とか「少し」という意味で、音楽好きで、仲間と演奏を楽しむパスカルならではの命名です。
収穫は夜間に機械で行います。発酵前に、4~5日間スキンコンタクトさせます。28度に保ちながら、ステンレスタンクで発酵させます。50%3年樽、50%タンクで10ヶ月熟成させています。瓶詰前にタンクで寝かせます。残糖があることが重要です。10~15年前はタンニンが強く乾いた味わいでしたが、現在はタンニンの熟しが良い時代のため、残糖があることでスムーズな飲み口となります。
力強いアダージョの弟的存在になるように、抽出もソフトに行っています。稲葉のためだけの特別なキュヴェです。

『特別なキュヴェ。メッツオは、常に価格と品質が大事だと考えています。スタンダードとキュヴェ・プレスティージュの間に位置します。樽とタンクを使っています。キュヴェ・プレスティージュより、熟成感は控えめです。最初から飲みやすさを求めていますが、力強さは劣らないようにしています。』
(パスカル氏のコメント)Chateau des Eyssards シャトー・デ・ゼサール

Chateau des Eyssards
シャトー・デ・ゼサール

もっと有名なA.O.C.を上回る品質、オリジナリティのあるワイン!飲む人には、ワオッ!と言って欲しい!

 2006年春、7年振りに訪問したパスカル・キュイセは、自信を持ってこう語ってくれました。
 『私はワイン造りでは絶対に金持ちにならないし、なれない。なぜなら、こんなハイコストパフォーマンスのワインをこの地域で他に誰が造っているのだろうか?それが私の絶対的自信である。それが出来るのは、私がワインの仕事自体がとても好きだからであり、また職人にはなれるがビジネスマンにはなれないからだ。21世紀はもうテクノロジーの時代ではない!そもそも私のワインはテクノロジーに頼らない!そのために葡萄造りにひたすら専念する。
 つまり化学肥料を一切使わないで畑の土にできる限り手をかける。それが私の意味する自然を尊重することに他ならない。私は、ワイン造りは90%が自然の力によるものだと信じている。そして残りの10%は理解できない未知の部分を持つ。私にはその10%の未知の世界が面白くてしかたがない。私のワインはどこのコピーでもない、私のワインなのである。
 それはまるで料理つくりと同じである(注:彼はかつて料理人でした)。よい材料が肝心で、さらに個々の料理人の味わいが出る。テクノロジーに頼ると品質が画一化してしまう。私は最高の畑を持っているし、自然だけを相手に働くので、各品種が個々の個性をもったよいフルーツを造ってくれる。』

《エピソード》
 ワイン造り以外に、バンド活動も行っています。自分達のバンドは、南西フランスの伝統的なスタイルのバンドで、名前は、「イン・ヴィーノ・ヴェリタス・バンダ (In Vino Veritas Banda=ワインの中に真実あり)」です。 メンバーの半分がワイン生産者です。その内、10%がシャトー・デ・ゼサールのメンバーです。皆、同じように歌ったり、飲んだりして、人生を楽しみます。昔、ベルジュラックワイン委員会に、ワインの宣伝のために「バンドが必要だ」と言ったこともあったくらいです。

《葡萄園面積》 46ha  赤用19ha、白用27ha  石灰岩と粘土質
《葡萄栽培》 【リュット・レゾネ 】翌年多くの房が付いてしまうので、グリーンハーベストを止めた。
《肥料》 100%オーガニック
《評価》 「デカンター2007.5」の南西地方の特集記事「フロンティア スピリット」に写真入で掲載。


KOSÉ SNS

NEWSVISHESH.COM RSS